地域のちょっといい話

パワーアップカレッジねりま

2008.05.19

練馬区は、昨年度、ねりまの地域福祉を担う人材の育成などを目指し、
「地域福祉パワーアップカレッジねりま」を開設しました。

このような地域福祉の担い手を育てるための学びの場を区が創る、
という例は、23区でも先進的な取り組みだということです。
70万人都市の練馬区において、もはや行政の力だけでは、
地域福祉は担いきれない、ということかもしれません。

この「カレッジ」に集う第一期生の生徒は20名あまり。
皆さんが社会人経験の豊富な方々だそうですが、
子育て支援関連のNPO活動に一緒に取り組んでいる仲間も、
この「カレッジ」の第一期生として学んでおられます。

その仲間の活躍ぶりをぜひ拝見したいと思い、
昨日、練馬区役所のアトリウム棟地下ホールで開催された
「第1回のカレッジ祭り」に行ってきました。

子育て、障害、高齢などのテーマにそって、研究内容が展示され、
車いすの体験コーナー、昔あそびコーナーなどもありました。

私自身、地域福祉とは、現代社会で失われてしまった
地域コミュニティの再生が基本テーマになるのではないか
と考えています。

子どもの携帯メールやTVゲーム等が社会問題となっていますが、
地域コミュニティの最小単位の家庭内ですら、
コミュニケーションが失われつつある現状において、
地域コミュニティの再生は簡単にはいかないでしょう。

ですが、人間は、つながりなしには生きていけません。
大人も子どもも、あれほど携帯メールにハマっているのは、
結局は、コミュニケーションを欲しているからではないでしょうか。

地域を中心に顔の見えるコミュニティが再生されれば、
大人も子どもも安心して生活していくことができるのではないか。

私達が取り組んでいる地域の子育て支援のNPO活動も
まさに地域コミュニティの再生がテーマとなっています。

住民自らが学びながら、地域に内在するテーマを、
住民の力を含めて行政とともに解決していく・・
これもまた、行政と住民の協働の一つの場面なのだなあ、
と感じたことでした。

———————————————————–
  ~あなたの身近な法律アドバイザーとして~
    東京都 練馬区 石神井公園駅徒歩2分
   『相澤法律事務所』 弁護士 相澤愛
     http://www.aizawa-law.jp/
———————————————————–

古い記事 >

< 新しい記事

ページの先頭へ戻る